東洋医学の基礎

内海聡先生の講演会のため京都へ

『東洋医学の基礎と応用

 

私は、東洋医学も西洋医学も知識はないけれど

アーユルヴェーダを勉強中なので

他の医学のことを少しでも知りたくて参加!

 

内海先生は、元々内科医で

精神科医でもあり、東洋医学、食事療法、栄養療法、

量子力学を応用した治療法、キネシオロジー、

ホメオパシー、アロマテラピーなど様々な分野を網羅し、

その患者さんに適する治療をおこなっている

 

 

歯に衣着せぬ物言いが人気なんだろうな

ズバズバ思ったことを言うのが気持ちがいい

 

「全ての事象は同じものを違う角度から見ている」

東洋医学もホメオパシーもヨガもアーユルヴェーダもチベット医学も全て同じこと

最後は同じところへ行きつく

 

身体のどこかに不調が出たら

それは身体から発せられるアプローチであり

その箇所に出るということは、何かしらの理由があって

探っていくと病気の原因が明らかになるという

 

 

食べ物や嗜好品に依存することも

その食べ物そのものにではなく、隠された感情や思いに

依存があるからやめられないとのこと

 

身体と心はやっぱり大きく作用しあっている

だからこそ、心が健康であることは大事やな

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP