食品添加物とは

最近こんな本を読みました☆

 

私たちは、お腹が空けば何かをすぐに

食べることができる生活

チンするだけ、お湯を入れるだけ。。

食品はどんどん簡単に手間いらずに

 

それは私達の生活にも変化があるため

お昼ご飯もゆっくり食べられない、

夕飯を作る時間がない…

 

以前のようにすべて手作りで。という家庭は

減ってきていますよね

 

それに比例するように

食品はどんどん進化して

日持ちはするし、安くて便利

便利の裏側には、たくさんの添加物が使われていることを再認識しました

食品の裏に貼ってあるラベル、わりと見る方だけれど、難しい名前の意味合いまで知りませんでした

 

添加物が最もたくさん使用されているのは

①明太子 ②漬物 ③練り物

カット野菜は便利だけど、なんですぐシナシナにならないのか?

それは保存料や添加物のプールに浸されているため

 

普通だとすぐ腐ってしまうものが、何故こんなに

日持ちするのか?と疑問に思えば、答えは見えてきます

 

添加物を全く摂取しないで生活するというのは

難しいけれど、まずは知ることから

光の裏には影がある事を知る

 

消費者として

何を選ぶか

作り手が見える商品を選択したい

 

 

私の身体は食べた物からできているのだから

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP