東京の旅②

2日目は国立新美術館へ

『ウィーン・モダン』

19世紀末のウィーンは新しい芸術、文化が開花された。

その代表的な画家は、グスタフ・クリムトやエゴン・シーレ

 

この二人の鉛筆書きのデッサンがとてもよかった!

エゴン・シーレの『ひまわり』という絵に惹かれました。

 

 

上野の東京都美術館で開催中の『クリムト展』も行ってみる。

こちらは大人気らしく人も多い!

 

クリムトの描く女性は

妖艶で華やかさを持ちながら、孤独や不安、寂しさを感じる。

混沌も。

 

こちらは写真OKの絵

 

 

 

インドから帰ってきている友達と

産まれたばかりの赤ちゃんにも会えたし

 

大学の親友にも会えた

 

 

二泊三日東京の旅☆

台風やサミットの中

無事に大阪へ帰ってきましたー

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP