音宇宙

京都へ

「音宇宙 瞑想坐会」に参加してきました!

 

インドの横笛バンスリー奏者であるgumiさんと

台湾在住のタブラとエスラジの奏者Wakaさんのコラボイベント。

すべて即興!

 

楽器で話をするように、エスラジの上へ駆け上る螺旋のような音色、それに応えるようにバンスリーのまるい優しい音の掛け合い。

2時間の音の宇宙。

 

みんな目を閉じたり、リズムをとったり、身体を揺ったり、思い思いに音を楽しんでいました。

 

エスラジは弓で擦って音を出す弦楽器。

インドの女神サラスワティーが持っているビーナによく似ています。

雨がポタポタ弾くような音。

目を閉じて、後頭部に響くのを感じてました。

音楽はいいな。

 

インドの古典楽器を演奏されている方の勉強は

今世だけでは達成することはないとのこと。

来世に生まれ変わっても、楽器と出逢って、そしてまたずっと学びは続くそうです。

 

ヨーガの学びも今世だけじゃ足りない。

また来世も続くのだろうなぁ!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP