ヒルデガルト

郡津にあるカフェ『ホクトシチセイ』

6周年イベントでヒルデガルトのドキュメンタリー映画『緑のよろこび』を観ました。

 

今日初めてヒルデガルトのことを知りました。

インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」とつながるところがある。

 

ヒルデガルト・フォン・ビンゲンは健康的な生き方を提唱した中世で最も重要な女性の一人です。ヨーロッパに初めて「ラベンダー」という言葉と共にその優れた薬効を紹介した人物と言われています。
ヒルデガルトは、心と体は一体であるという考え方に基づいてハーブやスパイスを健康的なライフスタイルへ積極的に取り込み、その治療特性を探求し、知識の伝授に努めました。

 

 

ドイツの修道女、ヒルデガルトは植物(ハーブ)を使い、自然療法を提唱しましたが、10世紀~13世紀の間だったため魔女狩りに合わなくてすんだそう。。

 

植物は唯一、他の生き物を傷つけることなく生きている生き物。

私たち人間は、いつも何か足りない足りないと求め続ける物質主義の中に生きている。

そこから少し離れて、今あるもの

自然や太陽、植物、空気、水..

あたりまえにあるように見えて、本当は共存していることを思い出したい。

 

 

映画の後にあったキャンドル瞑想で

ふと湧いてきたこと

心と身体は一体で、そして自然とつながり

宇宙とつながっている。

私の身体の中は小宇宙で、全体大宇宙と同じ。

私の呼吸は、全ての生きとし生けるものの呼吸と同じなんだなぁと。

 

とてもいい時間でした。

 

 

最後はかぼちゃとリンゴの美味しいキッシュと梅のドリンクをいただきました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP